激痛との闘い

腰の激痛に襲われたのが日曜日でしたので、その日はただ安静にしているしかありません。

湿布を貼り横になっているのですが、身動き一つ出来ませんのでトイレに行くにも這ってわずかの距離を少しづつ行くしかありません。

翌日、女房の運転する車で以前から行きつけの整体院へ向かったのですが車が揺れるたびに激痛が走ります。

整体院の近くの駐車場へ車を止めわずか50メートルくらいの距離を10分くらいかけて歩きました。

当時3年前に亡くなった母親の為に買ってあげた伸縮性の杖をこんなに早く自分で使うようになるとは思いもよらず、複雑な思いで杖を頼りに歩きました。

一通りの治療を受けて楽にはなりましたが、車に揺られて家に帰る頃にはまた痛みが復活してきます。

10年前に独立して1人で仕事をしていましたので事務所にいかなければならないのですが歩くこともままならないため、月、火の2日間は横になって過ごしました。

それでも3日目には杖を頼りに事務所へ向かいましたが、電車が揺れるたびに腰から背中に走る痛みとの戦いでした。

この時は運転手さんを恨みました。運転技術の未熟さを怒鳴りつけたい心境になりました。
比較的すいている先頭車両に乗っていたものですから、電車を下りてから運転手室の窓から運転手さんをにらみつけた事もありました。

にらみつけられた運転手さんは意味わからなかったと思います(笑)

そんな、痛みとの戦いが4ヶ月くらい続きました。
| 腰痛再発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




栄養ドリンクのあの成分をギュッと凝縮!試して実感!充実、満足度一番