女性特有の腰痛

腰痛には女性特有な腰痛が存在します。

男性と女性の違いは子供を生むか生まないかですがその違いからくる腰痛が有るそうです。

◎月経前緊張症
◎月経時腰痛

この二つの腰痛などは男の私には理解しづらいのですがホルモンの分泌が子宮に影響を及ぼし、その影響で腰痛になるそうです。

◎妊娠中の腰痛

妊娠をして胎児が大きくなるにして、腹部に大きな重みを抱えることによる脊椎への負担、更に「リラキシン」というホルモンが産道を開くようになる為関節を緩めるような働きをするそうです。その為に起こる腰痛もあるそうです。

また、なんといっても妊娠10ヶ月目には胎児の体重や羊水などの重みで体重が11〜14キロくらいは増えるそうですからこれが脊椎に及ぼす影響は大きいでしょうね。

さらに気をつけたいのが産後の腰痛だそうです。

産後の体が元の状態に戻るには6〜8週間の期間が必要とされています。この間に赤ちゃんを抱いて授乳などすると体に大きな負担を掛けることになります。

この辺も旦那さんを含めた周りのフォローが必要なのでしょうね。




栄養ドリンクのあの成分をギュッと凝縮!試して実感!充実、満足度一番