老化による骨の変形からくる腰痛

中高年から老人に見られる腰痛に腰部脊柱菅狭窄症というのが有るそうです。

脊柱管というのは脊椎の後ろ側を通っている管で馬尾神経などが通っています。

この脊柱管が加齢のために細くなって神経を圧迫して腰痛や足の痛みとなって現れる症状です。

この疾患の特徴はじっとしていればその痛みが治まり、歩いたりすると痛みが増してくるというところにあるようです。

この老化による骨の変形からくる腰痛には他にも脊椎変性すべり症
という背骨同士をつないでいる関節が老化のために変形して、
積み重なっている背骨がずれてしまうことで起きる腰痛も含まれているということです。




栄養ドリンクのあの成分をギュッと凝縮!試して実感!充実、満足度一番