骨粗しょう症からくる腰痛

骨粗しょう症は多くの方がご存じだと思いますが、高齢の女性に多く体質や老化に伴う女性ホルモンの欠乏、運動不足、カルシウムの摂取不足などから骨の中身がスカスカになりもろくなっていく病気です。

もろくなることで骨折しやすくなります。
ご年配の方の特に閉経を迎えた女性に多いのが特徴です。

腰や背中が曲がったお年より、特に女性のお年寄りに多く見かけますよね。

あの曲がった背中や腰は骨粗しょう症による圧迫骨折が原因だそうです。

スカスカになった骨、この骨に特に背中と腰の境目あたりの骨に上半身の重みが集中して圧迫骨折を起こしやすくなります。

骨粗鬆症による腰痛の痛みはこの圧迫されて押しつぶされた骨の痛みと、変形によって骨が神経を圧迫していたり、変形して歪んでしまった体の筋肉のこわばりです。

そして靭帯に負担がかかることでも痛みを招きます。

私が子供の頃はおばあちゃんと言えば殆どの方が腰が曲がっていたような印象があります。

それに引き換えおじいちゃんで腰の曲がった人というのはあまり見た記憶がなかったのですが女性特有の女性ホルモンの関係が有ったんですね。

骨粗しょう症は自覚がなく進んでいくようですから充分な注意が必要ですね。





栄養ドリンクのあの成分をギュッと凝縮!試して実感!充実、満足度一番