いつも正しい姿勢を維持するには

足裏の痛みに気が行き正しい姿勢を忘れるというミスに気が付いた私は再度正しい姿勢を意識するようにしました。

ここで少し考えてみたのです。

正しい姿勢を忘れた時期は何故それを忘れてしまったのか。

もちろん、腰痛がなくなったからですが。

正しい姿勢がまだ完全に身についていなかったからです。

一時的によくなったからその正しい姿勢を保つ意識が忘れ去られてしまった。

正しい姿勢を完全に見につけるには、ある程度の時間が必要。

そう考えてきた時、いつでも正しい姿勢をもっと簡単にいつでもチェックするにはどうしたらよいかを考えました。

例えば電車を待っている時、信号待ちをしている時、電車に乗っている時、このような時にいつでも簡単に姿勢をチェック出来たら身につくのも早いのではないだろうか。

そう考えてきて、一つ考えが浮かびました。

親指荷重を意識すればよいのではないか。

そうすれば自然に良い姿勢が取れるのではないだろうか。

そう思って実行し始めるとこれが簡単でいつでもどこでも人の目を気にせずに出来るんですね。

それこそ、エレベーターを待つほんの少しの時間にも姿勢をチェックできます。

この方法に気がついてからは正しい姿勢を意識する機会がとても多くなりました。

皆さんも、是非足の親指を意識してみてください。
親指、親指、親指・・・・・・・・・・・

きっと正しい姿勢を身に付けることが出来ると思います。
【正しい姿勢の維持の最新記事】




栄養ドリンクのあの成分をギュッと凝縮!試して実感!充実、満足度一番