激痛を伴う腰痛の発生

なんとか腰痛とだましだまし付き合ってきましたが、

05年10月23日家庭菜園に出かけた時に突然その激痛は襲ってきました。

その日はサツマイモを収穫しようと芋つるを抜きに掛かろうとした時でした。

ガキっというような音と共に一瞬脊髄が骨盤からずり落ちるような絵が頭に浮かび上がりました。

激痛のあまり全く動けない状況です。

ウンチングスタイルのまま身動き取れません。

普段なら家庭菜園ですから隣の畑にも誰かはいるのですが、こういう時に限って誰もいません。

道を通り過ぎる人もいません。

長い時間が過ぎました。

ウンチングスタイルのまま、右足首を持って5センチ動かし、次に左足首を持って5センチ動かし。

そんな感じでわずか2メートルくらいの隣家の塀にたどり着くのに小一時間かかりました。

どうにかこうにか立ち上がり自転車を杖代わりにして家に着きましたがこれまた誰もいません。

それもその筈でそれまで畑に出たら5時間くらいは家に帰らないのが普通でしたから。

居間に倒れこんで1時間くらい立ったでしょうか女房が帰ってきて起こそうとしますが、一度横になって固まってしまったので、もう激痛で身動き取れません。

寝返りすら出来ない事態になってしまいました。


9割の腰痛は自分で治せるカラー版 [ 坂戸孝志 ]
| 腰痛再発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

激痛との闘い

腰の激痛に襲われたのが日曜日でしたので、その日はただ安静にしているしかありません。

湿布を貼り横になっているのですが、身動き一つ出来ませんのでトイレに行くにも這ってわずかの距離を少しづつ行くしかありません。

翌日、女房の運転する車で以前から行きつけの整体院へ向かったのですが車が揺れるたびに激痛が走ります。

整体院の近くの駐車場へ車を止めわずか50メートルくらいの距離を10分くらいかけて歩きました。

当時3年前に亡くなった母親の為に買ってあげた伸縮性の杖をこんなに早く自分で使うようになるとは思いもよらず、複雑な思いで杖を頼りに歩きました。

一通りの治療を受けて楽にはなりましたが、車に揺られて家に帰る頃にはまた痛みが復活してきます。

10年前に独立して1人で仕事をしていましたので事務所にいかなければならないのですが歩くこともままならないため、月、火の2日間は横になって過ごしました。

それでも3日目には杖を頼りに事務所へ向かいましたが、電車が揺れるたびに腰から背中に走る痛みとの戦いでした。

この時は運転手さんを恨みました。運転技術の未熟さを怒鳴りつけたい心境になりました。
比較的すいている先頭車両に乗っていたものですから、電車を下りてから運転手室の窓から運転手さんをにらみつけた事もありました。

にらみつけられた運転手さんは意味わからなかったと思います(笑)

そんな、痛みとの戦いが4ヶ月くらい続きました。
| 腰痛再発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腰痛再発の原因は姿勢の悪化

テニスを終え、管理棟で雑談をしている時にお尻のあたりの筋肉が硬くなりそのまま腰痛が再発してしまいました。

相当なショックを受けました。

約半年、腰痛の事は殆ど頭から離れていました。

たまに腰痛の事を考えても「痛くない、今日も大丈夫」

せいぜいこんな確認程度でした。それが

椅子に座っているときに突然の異変。

どうして今回腰痛が再発したのか、自分では最初解りませんでした。

2ヶ月位整体に毎週土曜日通いました。一進一退といったところでした。

そんな時、ふとショーウィンドウに写った自分の姿を見て愕然としました。

前かがみの猫背、まるで老人のようでした。

そうなんです。足の裏を痛め道場に通わなくなりその時腰痛が改善していたこともあり、正しい姿勢のことをまったく忘れていたのです。

約半年、その間にまた元の醜い姿勢に戻っていたのです。

50年近くに培ってきた猫背の出腹、この姿勢がいったんは矯正されたと思っていたのですが、そう簡単に矯正されてはいませんでした。

頭の中が痛めた足裏に占拠されていたのです。

それに気付いた私はその日からもう一度「正しい姿勢」のやり直しをしています。

ジャンプして、その前傾姿勢を保ったまま立つ、これを再度やり直しています。

お陰様で、今ではまたテニスを再開でき元氣を取り戻しています。

そこで一つ気付いた事がありますのでその話は次回にさせていただきます。

| 腰痛再発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




栄養ドリンクのあの成分をギュッと凝縮!試して実感!充実、満足度一番