背骨の構造

.png毎日毎日、電車に揺られて本当の痛勤でした。

その頃から、どうしてこのような痛みに襲われるのかその原因を知りたいと思うようになりました。
左上の図はフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』からお借りしましたが、人間の背骨はこんな構造になっているそうです。

頸椎、(cervical)(7〜8椎)、胸椎(thoracic)(12椎)、腰椎(lumbar)(5椎)、仙椎(sacral)(5椎)および尾椎(3〜6椎)の約30個の骨から形成されているそうですがこの図を見てもあまりよく解りませんね。

私もあまり良く解りませんでした。

S字型に湾曲して骨と骨の間に直接骨と骨が接触しないように椎間板というクッションが入っている。

そのクッションがなんらかの原因で圧迫されてはみ出したりして神経に触ると痛みが起きる。

こんな感じしか理解出来ませんでした。

何冊かの本も読みましたが皆だいたい似たり寄ったりでした。

要するに腰痛の原因は様々あってひとつには限定できないという事なのです。

それでは私の腰痛の原因は何処から来ているのかもう少し調べてみたいと思いました。

腰痛の原因は多種多彩

私自身腰の激痛から何故このようになったか知るために腰痛の原因を調べてみる事にしました。

腰痛の原因は様々有るのが解りビックリしました。

ざっとその原因を書いて見ますね。

◎内臓の異常からくる腰痛

◎肥満からくる腰痛

◎女性特有の腰痛

◎ストレスからくる腰痛

◎老化による骨の変形からくる腰痛

◎骨格の歪みからくる腰痛

◎骨粗しょう症からくる腰痛

如何ですか?

内蔵からくる腰痛ってチョット怖い感じがしますし、ストレスからも腰痛が起きるなんて思いもよりませんでした。

あなたの腰痛は何に原因があるか推測できますか?

素人が勝手に推測で判断するのも良くないかもしれませんが、でも自分の腰痛の原因知っておいた方が良いと思います。

私も、色々考えましたが私の場合はやっぱり骨格の歪みから来ているのではないかと思いました。

内臓が原因で起こる腰痛

前回腰痛は様々な原因によって起こるということを申し上げました。

私は専門知識のある医師や整体師でもありませんので概要だけお知らせしておきますね。

思い当たる節があったらちゃんと専門の病院へ行って診察してもらってください。

消化器系

胃、十二指腸潰瘍、膵臓、脾臓、腎臓

泌尿器系

尿路結石、膀胱

その他腫瘍(癌)

このような原因があるそうです。

このような内臓疾患による腰の痛みの特徴は血尿や腹痛などその病気の持つ特有の症状があるそうです。

更に腰を動かさなくとも痛みが持続するといった特徴があるそうです。

ギックリ腰なら腰を曲げた時に痛みがきたりしますが内臓疾患の場合は内臓が悪くてその関連で腰が痛くなるのですから姿勢などは関係ないということですね。

あまり考えすぎてもいけませんが、原因不明の腰痛には内臓疾患も考えに入れた方がいいかもしれませんね。




栄養ドリンクのあの成分をギュッと凝縮!試して実感!充実、満足度一番