女性特有の腰痛

腰痛には女性特有な腰痛が存在します。

男性と女性の違いは子供を生むか生まないかですがその違いからくる腰痛が有るそうです。

◎月経前緊張症
◎月経時腰痛

この二つの腰痛などは男の私には理解しづらいのですがホルモンの分泌が子宮に影響を及ぼし、その影響で腰痛になるそうです。

◎妊娠中の腰痛

妊娠をして胎児が大きくなるにして、腹部に大きな重みを抱えることによる脊椎への負担、更に「リラキシン」というホルモンが産道を開くようになる為関節を緩めるような働きをするそうです。その為に起こる腰痛もあるそうです。

また、なんといっても妊娠10ヶ月目には胎児の体重や羊水などの重みで体重が11〜14キロくらいは増えるそうですからこれが脊椎に及ぼす影響は大きいでしょうね。

さらに気をつけたいのが産後の腰痛だそうです。

産後の体が元の状態に戻るには6〜8週間の期間が必要とされています。この間に赤ちゃんを抱いて授乳などすると体に大きな負担を掛けることになります。

この辺も旦那さんを含めた周りのフォローが必要なのでしょうね。

肥満からくる腰痛

腰痛の原因は多種多彩です。

今回は肥満から来る腰痛についてです。

以前私の体重は88キロまでいった事があります。

身長は180センチありますので見かけはそれほど肥っては見られませんでしたが、でも理想体重からは大分オーバーしていました。

ある時、テレビで「理想体重より10キロオーバーしている人は10キロのお米の袋を背負っているようなものですよ」と言っているのを聞いてドキッとしました。

その話を聞いてスーパーに行って実際に10キロのお米の袋を持ってみました。

ズシットくるんですね。

これを毎日背負っているとなると、体に相当の負荷を与えているのだと実感しました。

あなたも是非お米の袋を持ち上げて見て下さい。

そしてそのお米の重さを体の筋肉と骨が支えている事を実感してみてください。

その重さを支えられるように筋肉鍛えていますか?

筋肉鍛えていなければ脊椎にその負担がそのまま掛かっているんですね。

当然耐えられなくなりますよね。

肥満からくる腰痛実感していただけましたでしょうか?

老化による骨の変形からくる腰痛

中高年から老人に見られる腰痛に腰部脊柱菅狭窄症というのが有るそうです。

脊柱管というのは脊椎の後ろ側を通っている管で馬尾神経などが通っています。

この脊柱管が加齢のために細くなって神経を圧迫して腰痛や足の痛みとなって現れる症状です。

この疾患の特徴はじっとしていればその痛みが治まり、歩いたりすると痛みが増してくるというところにあるようです。

この老化による骨の変形からくる腰痛には他にも脊椎変性すべり症
という背骨同士をつないでいる関節が老化のために変形して、
積み重なっている背骨がずれてしまうことで起きる腰痛も含まれているということです。




栄養ドリンクのあの成分をギュッと凝縮!試して実感!充実、満足度一番